メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

業務案内

CASE 01/会社設立を決意したAさんのケース

CASE01
何から手をつければよいかわからない…
はじめからキチンとプロに相談したい
会計や税務、法務のことは苦手だ…

開業当初から税理士と顧問契約をしたほうがいいに決まっている。

ただ、一つだけ問題が…

それは、報酬(顧問料)ですよね!

創業時は、まだビジネスが収益化できていないケースがほとんどですから、
固定費を抑えたいというのは堅実な考え方でよいと思うのです。

三保税理士事務所は、お客様の置かれている状況や負担を短時間で理解し、
一番バランスのとれた最高の方法を瞬時にご提案いたします。

税務や会計のことだけではありません。
創業期の資金調達では、実際の書類作成のアドバイスから金融機関との
折衝までサポートいたします。また、収益化の方法を知っている税理士は
創業計画書を金融機関とは違った目線で検討します。

これによって、多くの創業社長が創業時の正しい事業計画、資金調達、
コストをかけない会計処理の導入、税務上の検討と手続き、時間の問題を
解決されてきました。

「うん。このやり方でこの報酬なら払えるな…」

こんな感じです。

創業期の報酬を抑えたいという方は、設立前にご相談ください。
これまでの多数の実績を基に、創業社長をご支援いたします。

具体的なサポート内容はこちら

相談を希望される方へ

三保税理士事務所は、創業企業の支援実績が多数あります。
チャンスをつかむためには、きちんと相談できるパートナーをもつことが近道です。
あなたの会社の成功シナリオを、一緒に考えてまいりましょう!

お問い合わせ (説明ページへ移動します)

関連情報

新設法人プログラム
いま勤めている会社が倒産しそうだ!!(blog記事)
経営者的コンプレックス(blog記事)
会社経営は設立前からすでにはじまっている(blog記事)
創業企業の倒産率の高さを誰が食い止めるのか(blog記事)

このページの先頭へ
ページの終了